是が非でも理が非でも否が応でも

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
孟獲ガンダム
◆神が私の心をウンコ塗れにしようと躍起になってるのでささやかな抵抗として今日も今日とて模型いぢりだけは欠かさぬぇー。他の些事がどれだけ曖昧になっていこうがこれだけは続けるんだい。あと駄文書き。それこそ是が非でも。それ以外は是非もなし。


◆というわけで、ここのところあまり時間取れず、かつ途中寄り道しまくってたおかげで凄まじく完成が遅れましたが。孟獲さん完成。





もう既にさんざ時間かけてる以上今更急ぐこともあんめぇ、ということで自分の中では比較的じっくり塗装と仕上げを行うことができました。
いつもめんどくてちゃちゃっと手塗りしてしまう金ラインとかもきちんとマスキングしたしね。
最初に塗った赤の発色(写真上)が悪かったので塗りなおしたりとか。
こうしてきっちり仕上げてみると、今まではまぁ杜撰なことやってたもんだと実感します。


塗装レシピは以下のとおり。下地は白サフです。


白:ガンダムカラーホワイト(5)
赤:Mrカラーモンザレッド+ガンダムカラーレッド(1)
  が、発色がイメージと違ったのでその上からグラデーション気味にシャインレッド重ねてます。
青:フィニッシャーズスーパーファインコバルト
金:ガイアカラースターブライトゴールド
銀:ガイアカラースターブライトシルバー

他、羽・足の装飾はシルバー地にクリアグリーン、手は黒白混ぜたグレー、ゴッドフィンガーは白地にクリアオレンジとクリアレッド重ねてます。

仕上げはスーパークリアー半光沢。一部吹きすぎてしまい光沢気味ですが。
パーツで独立している金色部分のみ光沢。

胸の光玉はHアイズ+オーロラフィルム+キット付属シールの銀部分、の三重構造。
見えにくいですが肩アーマーにはラインストーンを貼ってます。

◆というわけで完成。まずは素の孟獲さん。







トサカは取説漫画準拠で白と赤の二種類を用意。何気にさらっと色が変わってて気づきにくいですが、意外と印象が変わります。













ナツミさぁぁぁん! 好きだぁぁぁぁ!…は人違い。

…とまぁ、こんな感じでだいぶ見栄を切れるようになったので工作の甲斐はあったかと。
個人的には羽基部の可動化とトサカの工作が効いてる気がします。「たなびき」というか、動きを演出するパーツがあるとSDでもハッタリ効かせられて素敵かも。

◆で、こっから追加ネタ。烈伝で結晶鳳凰が、三国伝で龍輝宝がブイブイいわせてんのに赤流火穏のカミサマは一体何しとんねん、という感じだったので。



作りました。鬼舞虎の像。赤流火穏の地に眠る獅子の魂、孟獲の身に宿るとき真なる阿修羅の王が目を覚ます。的な妄想。

◆阿修羅王 孟獲ガンダム







羽が全て重なるので、この状態だとノーマルモードっぽく見えなくもない。
一応、武鋭須砲も構えさせられます。ゴッドがF90のヴェスバー撃ったりするのもSD世界の良さですきっと。
三国伝の世界観として火器はどうかとも思いますが、金剛夜迦や剛金剛戦車の大砲なんかを見る限り、南蛮にも発掘兵器を整備して扱う程度の工学知識はあるだろうということで。



ハイパーモード!
阿修羅王のパーツと合わせてゴッドのフィールド発生器っぽく見れば見れる。



リア。鬼舞虎の像の下面にスタンド用の穴をあけてます。





リアヘビーなので立たせるときは基本武鋭須砲がつっかえ棒に。







妄想捏造必殺技ってことで、阿修羅神拳が最終奥義・業火光輪拳。
元の阿修羅王の業火光輪斬から名前パクってますが、孟獲さんなら斬じゃなく石破天驚拳だろうということで。



元ネタの阿修羅王さんと。
元ネタからして国政ほっぽって修行してるような脳筋ですから血筋は受け継がれてんじゃないかな、とか思ったり思わなかったり。その割には「心」がステ高めだったりしますが。
どうでもいいけどこの心技体パラメータ復活しないかなぁ。


◆fgの方にも投稿させて頂きました。自分の作品の中じゃ今のところ一番高評価を頂いてて割とビビってます。ブログの仕様じゃ写真が自動縮小されてしまうので、こっちのが写真大きめで見やすいかも。



◆まとめ



パーツ取りに使った素体孟獲さんと比較。手足の延長でだいぶプロポーションが変わっちゃってますが、ゴリラにならずギリギリカッチョええラインかな、と思います。アニメ版のプロポーションに近いか。

反省点は時間かけすぎたこと。もともと片手間仕事でやってたブツではありましたがいくらなんでも半年以上かけるのはやりすぎですね。もっと生産力上げないと、作りたいものに対して全然追いつけやしません。

加えて間接工作。動くようになったのは良いものの如何せん各部の強度に差があり(特に関節技と市販パーツをかなり無理やり組んでる脚部)ちょっと動かしててストレスたまります。

あとエッジ出しはきちんとプラセメントでガッチリ固めないと駄目ですね…実は塗装後に尖らせた部分がいくつか欠けて泣きを見てます。

とまれ、複製やらパテ細工やらオラ加工部分やら色々と試せもしましたし、現在の自分の力量に照らして恥じない程度には良く仕上がってくれたかな、と思います。反省点も多々ありますが、それなりにカッコ良いもの作れたし割と満足。

ということで、孟獲さん製作記、これにてひとまず終了と相成ります。お粗末様でした。




おまけ。獣面と鳥面。嫁さんに付けるつもりだったんですがそっちまで手が回らずまず孟獲だけ完成させましたとさ。
またそのうち嫁さんも作りたいと思います。他にも色々、脳内プランだけはあるにはあるんだ。
SD以外にも作りたいものがわんさかあるので近日中に、とはいかないかもしれませんがなんとか形にしていきます。

というわけでまたしても。

次回を待て! 



JUGEMテーマ:模型製作

| 模型:阿修羅王 孟獲ガンダム | 01:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
孟獲ガンダム
◆何事につけてもモラトリアムってる自分を滅却したいのでさっさと完成させに行きます。色々寄り道しすぎて超久しぶりな孟獲さん続き。



おおむね本体工作は終了してたのですが、二の腕の形状がヒンジパーツまんま過去記事参照)なのが気になり形状修正。あと他人様の工作丸パクリするのもアレかと思い。

腕の内側を彫りこんでヒンジを埋没させ、その上に5mmプラ角棒を接着後し形状修正。
可動範囲と見栄えの妥協点としてはこんなところではないでしょうか。




というわけで今度こそほぼ工作終了。追加パーツ弄りつつ表面処理に入ります。次回を待て!





JUGEMテーマ:模型製作
 

| 模型:阿修羅王 孟獲ガンダム | 22:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
孟獲ガンダム
前回の記事観たら目指せ一月中に完成って書いてあって血の気が引いたそんな超いいかげん製作記。

まぁ、イベントも終わったことですし時間を見つけてまたちまちま弄ったりなどしています。



現状。とりあえず目の複製、スカート延長、羽基部にボールジョイント仕込んだり穴埋めたり。



津島センセの漫画版で羽がたなびいてたのがカッコよかったんでこんな感じに。結構表情ついていいカンジ。羽にくっついてる白いのはエッジ出し用の2mm三角棒です。
買ったはいいけどあんまり使い道思いつかなくて腐らせてたブツなんですが



こんなかんじでエッジ先端に接着してからニッパーで切断してくと簡単にエッジ出しが出来て素敵な気がします。このあとヤスって形を整える。

あと、目の複製ですが、fgなど見るとおゆまる複製でやってる方もいらっしゃるようです。
例えばこんな↓



たぶん↑のがお手軽にできるとは思うのですけれど、今回は手元にイベントの余りシリコンやらレジンが残ってたためそっちを使いました。
紙コップを使った片面取りで割と楽にできたんで、メモ書きなど。

手順としては紙コップを用意し、その底面に複製したいパーツを接着してシリコンを流し込むだけ。
いちいち型をつくる必要もなく、簡単に剥がせる上に複製時に型に被せればフタの役割も果たしてくれる。しかも手が汚れない。


上がフタ、下が出来上がった型です。型の上が孟獲の目パーツ、下は別口の複製品。
フタにはレジンの逃げ口となる穴を空けておきます。



レジンを流し込んだらフタを被せる。型自体、紙コップに流し込んで作ってあるためピッタリ合います。
紙コップは内側にコーティングしてあるため、シリコンもレジンもくっつかないのが良いカンジ。


被せるとこのとおり。余分なレジンが穴から逃げて、上面もほぼ平滑な平面が得られます。しかもレジンがこぼれない。


完成品がこちら。穴は後からピンバイスで空けてます。


というわけで今日はここまで。三国伝はアニメやら真シリーズやら、かつてのSD不遇の時代からは想像もつかない勢いで盛り上がってますな。
この勢いでさっさと完成させたいところです。

とかいいつつ、なっぴーと同時進行なうえに浮気性が手伝い更には最近私生活が忙しくてなかなか厳しげなんですが。頑張ります。




あとついでに、色んな方の作例を見て一度試してみたいと思っていたオーロラフィルムを先日ハンズにて入手したので遊んでみました。



こんな。左はマゼンタ・シアン・ブルー、右はマゼンタ・シアン・ゴールドに変色します。色濃い目。
おおむねベースの色は写真のとおりですが、結構ぬらぬら色変わって見た目に楽しげ。



パチ組部分塗装のやっつけトランザムライザーに、実験として右側のフィルムを貼ってみました。
貼った箇所はソードと脛のケーブル部分です。
シート自体がメッキ調で良いアクセント。


角度を変えると色もこんな風に変わります。面白い。

難点はやはりPETフィルムなので、曲面への貼り付けに向かないことでしょうか。とはいえ平面に対しては粘着力もあり悪くない素材だと思います。
GXとかいかにも良さげ。そのうち試したいところです。

| 模型:阿修羅王 孟獲ガンダム | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) |
孟獲ガンダム 
続き。三つくらい並行して作業してるんで遅々とした歩みですが、ようやく一通りの可動工作が終了致しましたとさ。





首の関節追加ー。ブキヤの3mmボールにウェーブの3mm筒状ポリキャップ。しごく簡単ですが引き出し式で結構表情つけられます。

あと今回、fgの力作に触発されて目の別パーツ化に挑戦。右上のを複製して表情バリエーションを作ろうって腹ですよ。

……が、この工作、バランス調整やらなにやらぶっちゃけめどい。完成したらそんなに付け替えることもなさそうだし、どちらかというと雑誌作例的な「見せるための工作」に近いんじゃなかろーか。

もちろんキャラの特性(馬超とか)や作りたい表情パターンの数にもよりますが、2〜3パターン程度なら部品注文か複数買いしたほうが効率的な気もします。


ま、そんなこんなでとりあえず全身の関節が仕込めました。

結構タイトかつストロークが足りない関節が多かったので、軸に真鍮線打ち込んで強度もバッチシ。

自分的には一番楽しい工作が終了してしまった感もないではない。
とりあえずガシャガシャ動かして遊ぶ。



個人的には膝の存在感を発揮できる感じがベネ。



結構腰も落とせます。




あまりプロポーション等に不満はないので、あとは適当に各部を尖らせたり追加パーツ作ったり表面処理したり。

ああ関節工作という一番楽しい作業が終わってしまった……表面処理めどい……

まだ色々と控えてるんで目指せ一月中に完成。

……プログラム規定説的な意味で。

続く。


どうでもいいけどSD者としては「次回を待て!」だよねこの場合。次回を待て!
 

JUGEMテーマ:模型製作


| 模型:阿修羅王 孟獲ガンダム | 00:23 | comments(0) | trackbacks(0) |
孟獲ガンダム 
結局年をまたいでしまった孟獲。続き。



しばらく腰まわりを弄ってました。
何気にクリアランスが超キビシイ感じでアーマーの接続方法にずっと苦心していたものの、ようやくなんとか形に。



フロントはブキヤボール+穴。
サイドはfgにてそりでん氏が公開していた小型ボール受け加工を施してます。っても穴あけたプラ板貼るだけなんですが、ちゃんと抜けづらくなりました。これ便利。



足を前に出すと、関節技の厚みで腹パーツとの間のクリアランスが1mm以下になってしまってサイドアーマーつける余裕がない。
仕方ないんで後ろからウェーブの長いBJ伸ばして凌ぎました。このサイドアーマーが一番厄介じゃった。


リアスカートは独立可動がめどかったので一枚丸ごと。
にしたら、これも可動クリアランスの問題で一軸関節では対処できず結局



こんな感じにウェーブのLジョイントを加工してZ型にし、無理やり収める。



このサイドアーマーの利点。ボールを起点に前が開くので脚を思いっきり上げられます。やむなき処置の割には結構良い感じ。



こんなポーズも。

後は首関節仕込めば可動工作はたぶん終了。

目の複製とか考えるとまた方式に悩みそうだ。

続く。
| 模型:阿修羅王 孟獲ガンダム | 02:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
孟獲ガンダム
っつうわけで模型カテゴリに孟獲追加。模型サイトっぽいことをまたやってきます。

改めて孟獲の進行状況など。


上半身は内部をくりぬいて自作の可動素体的なものを入れてます。
肩関節はガンプラの余りPCに肩アーマーのボールとぴったりなのがあったのでそれを。
腕部は市販のヒンジパーツ、腰は関節技。



肩は引き出すことで腕をかなり前側まで持っていけます。腰も引き出し式でヒネれますが、実際動きが見えるレベルまで捻ると外装との間にスキ間がかなり。




腰と下半身の可動範囲。膝立ちとか出来ます。SDで膝立ちさせる必要性があるかどうかは定かではありませんが浪漫。



脚部分解図。一軸可動を膝に仕込んだほうが見栄えは良いのでしょうが、膝を持ち上げてのカッチョエエポーズを取らせたかったのでこんな感じに。



で、取説マンガのたなびくトサカが異様に格好良かったのと、センサー周りが白と赤の二種類あったことを考えてトサカは通常版とイメージ重視の可動版を作ることに。



こんな。エポパテ簡単モデリングです。



バラすとこんな感じ。結構よく動きます。



この程度までは逆立ちます。

続く。
JUGEMテーマ:模型製作
| 模型:阿修羅王 孟獲ガンダム | 00:26 | comments(0) | trackbacks(0) |



ゆきみ大福の最近読んだ本

■SELECTED ENTRIES
■CATEGORIES
■ARCHIVES
■RECENT COMMENTS
■RECENT TRACKBACK
■MOBILE
qrcode
■SPONSORED LINKS
■OTHERS
<<new | 1 / 1pages | old>>