是が非でも理が非でも否が応でも

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
モケイ脳
ちょっとしたトークライブに行って参りました。こんな↓




 「モケイ脳〜今だからプラモデルの可能性を探そう〜」
出演:MAX渡辺(マックスファクトリー社長)  ゲスト:宮脇修一(海洋堂社長)
その他:浅井真紀
主催:ホビーストック




模型業界では相当な有名人の御三方。によるプラモデルにまつわるトークイベントでございます。


というわけで簡単ながらレポートなど。ってもレコーダーで録音してたわけでもないんで多分に主観の解釈と頼りない記憶に基づいていますが。

あと、誰が何を言ったとかってのは正直覚えてらんないんで内容の流れだけ。詳しくは誰かが配信録画しててニコ動にでも上げてくれてることを祈ります。










イベントの趣旨としては、通常のフィギュアのトークでは作りが入ったり言えないことも多いが、プラモデルメーカー所属ではない人間だからこそプラモデルについては大いに語れる、とのことで。


なのにしょっぱなから「リボとフィグマに乾杯」とか言い出す宮脇専務。こうした過激な発言を浅井さんがフォローしてくというのが前半の流れでした。



で、前半はそれぞれのプラモへの原体験を語る、という体だったんですが、宮脇専務が暴走。海洋堂がただの模型店だった頃からの歴史を語り始めて、その原体験の強烈さに誰もついていけない状態。

1976年にアマチュアが製造した最初期のガレージプラモデルの話とかかなりの人数がついていけないと思うのですよ。
「日本人金好きやからね」とかいって金色の帆船売ったりゼロ戦赤く塗ったりとかそういう強烈な思い出話が次から次へと。

どうやら、かつてのプラモデルにはそうしたメーカーの個性、作家性があった、という話につなげたい様子ではありました。
が、そのために当時パチモンプラモ作りまくってた某B社へのバッシングなどがポンポン飛び出るため、浅井さんがフォローに必死でそっちの姿の方が印象的だったり。


ただ、そうしたプラモデルの「黒歴史」を集めて本にしたい、とか仰っておったのでそこは大いに賛同したいところです。




んで後半。


現状のプラモデルは一種のキレイ至上主義に陥っていると指摘。10人いたら9人はプラモ作るのヘタクソなんだとか。

これは確かにfgとか見ててもそう思います。そして自分もそのヘタクソのうちです間違いなく。

んが、本来は別にプラモなんて、合わせ目消してエアブラシ買ってカッチリ塗装して、というような「キレイ」を目指すものではなく、自由に作って塗って自分の「カッコイイ」「なんかイイ」感じを楽しめればそれで良いんじゃないか、と。

「如何にキレイに組み上げるか」の至上主義にとらわれて、ユーザーはプラモを買っても「キレイにできない」から完成品に流れてしまう。だから、塗りまでやって仕上げてるプラモユーザーは少ない。



そこにきて現状、最もプラモデルを塗って仕上げて楽しんでるユーザーが多いジャンルは何か、という話になる。


個人的には意外なことに、それは「マシーネンクリーガー」(以下Ma.K.)
とのことでした。


浅井さん曰く、組んで自分の好きに塗って仕上げて「なんかイイ感じ」を楽しむ、それを今一番しているのがMa.K.のユーザー達なのだそうです。
高度な技術と機材が無くても筆塗りでだって自分の作品を仕上げている。らしい。


確かにfgなど見てると、玉石混合石ばっかなガンプラよりはMa.K.のほうがユーザーが自由に楽しんでいる印象はあります。(が、Ma.K.は自分はあまり詳しくないのですよね。実際どうなんでしょうか)



現状、プラモデルが売れない。ガンプラでさえ物によっては一万個いかないという噂もあるそうです。
他にいくらでも娯楽がある上、キレイ至上主義が続けばプラモデルを仕上げる敷居は高いままでユーザーは離れていく。

が、Ma.K.はそうした流れとは関係なく楽しさが続いている。


Ma.K.のそうした性質の理由の一つは、原作者である横山 宏さんの大らかさにあるのだそうです。
若造の自分にはわからない感覚ではありますが、例えば永野護や宮崎駿といった世代の模型ファンにとって模型は「貴族の趣味」なのだとか。
繊細で厳密な仕上げを要求される高尚かつ孤高の趣味だという「貴族的なる模型」観がああした世代の人々にはあるのだそうで。宮脇専務もそれをわかるし、横山さん自身も奥底ではわかっている。

しかしながら、横山さんはMa.K.にそうした厳密なルールを定めず、「カッコ良ければ良い」という一つのルールのみを制定した。ワンフェスにおいても版権フリーとした。
「キレイ至上主義」が神となる昨今のプラモデルや、どこまでいっても「実物」が神となるスケールモデルとは違って、Ma.K.における神は横山さんでありそのルールは「カッコ良ければ良い」というだけのもの。


その大らかさがMa.K.の模型的面白さ、自由さを保証しているのでは、とのことでした。今プラモデルの楽しさは
Ma.K.にある、と捉えて良い内容だったと思います。







おおむね、メインの話題は上記のような感じでございました。はっきりいってほとんどMa.K.プッシュ。なんだ、恐ろしいことにHJにまでMa.K.の記事が掲載されるとか何が起きている。


因みに、「Ma.K.モデリングブック」は素晴らしい良著だそうです。今度買ってこよう。





ここから話はメーカー側に向かいます。





プラモデルが売れない時代ではあるものの、模型誌の売り上げは好調なのだそうで。
メンズ雑誌の中ではホビージャパンがダントツの一位、二位は電撃ホビーマガジンだそうです。
つまり、模型を楽しむことへの関心は大いにある。単に完成品が多く出まわってきたから、という程度のことではないのだと。


「メーカーは、もっと自社のプラモデルをアピールしてもいい」
「信念のないメーカーは潰れてしまえ」
とか、過激な発言が飛び交っておりました。

あくまでも、ユーザー視点に立てず模型の面白さを真剣に追求できないようなメーカーは、という意味で。

バンダイの成型技術なんかは海洋堂やマックスファクトリーには到底マネできないほどの恐ろしい技術なのに、「世の中バンダイ舐めすぎ!」とか仰ってましたね浅井さん。


やはり、常に模型を自分たちでも作ってきた御三方としては、メーカーもそうしたユーザー視点の面白さを理解する必要があるとお考えのようでした。


そうした、信念あるメーカー同士の戦いなら望むところだそうで。世間では「エヴァ破フィギュアでリボとfigmaが潰し合い!?」とかいわれてますが、潰すとかそういうのではなく競い合っているのだと、いつでも喧嘩上等なのだとか。
むしろそうした競い合いのない市場は勢いを失って結局シェア全体の縮小に繋がってしまうのだそうで。
当然競合他社としてビジネスではライバル関係であるけれど、だからといって業界の人間の仲が悪いわけでは決して無いそうです。

このあたり、特に浅井さんが熱心に語っておられました。ネットでごく一部の発言がピックアップされたり、勝手な憶測で噂ばかりが広がってる現状に思うところがあるようでした。



おおむね、全体のトークの内容は上記のような感じだったと思います。がなにぶん主観で解釈してるんで、もしここ違うだろ阿呆って箇所があれば指摘していただきたく思います。
いや、まぁいったい誰が見てるんだこんなサイト、って話ですけど。


ラストのMAXさんの言葉「模型はやれば上手くなる。上手くなると楽しい。でもあーだこーだ言い出すと楽しくなくなるから、もしかして俺すごいんじゃね?くらいにしておくと良い」って言葉が素敵でした。


総じて、幼少から模型に触れて今でも全力で模型を楽しんでいるカッチョエエ男たちの熱い語らいでございました。

もしかしたら二回目やるかもしれないとのことなので、大いに期待したいところです。





あと、来場者プレゼントがありました。

Ma.K.用 宮脇ヘッドパーツ・MAXヘッドパーツ

浅井さんがこれから自分で抜いて、来場者が記入した住所に配送するとのことでまだ手元にはありませんが……素晴らしいネタアイテムだと思います。本当に二人の顔そっくりで造型してあるの。


でもMa.K.詳しくないのよね自分。興味湧いたしちょっと手出してみようかしら。







こっからは自分の感想。




まず、模型を楽しんでいる三人の姿を見て、模型は自分が思っていた以上に楽しいものなんだと思わされる。
面白いことを追求していけばいくらでも面白いものが作れる世界なんだなーと。


例えばMa.K.とか武装神姫とかスケールモデルとか、「なんかよくわからん」でスルーしていたのですよね。
別に野放図に手を出せばいいってもんでもありませんし、何でもかんでもやれるわけじゃありませんが、それ以前の「面白そうだ」って興味を抱く好奇心がちょっと最近死んでるな、と自覚したり。



模型はなまじ物心ついたころからやってるだけあって、自分の中でクセというか習慣というか、あまり再考する機会もなく漫然とやってきてしまった感があります。意識せず保守的になってたというか。
が、模型の楽しさとは何かを考える今回のトークで少しそれを改めなければならんなぁ、とか思ったり。

結局、模型の面白さを追求するにも頭使って考えなきゃならない。で、偏狭な視野にとらわれず面白さを追求する人たちが現に面白いものを創っていく。


作るのに頭を使うこと。好奇心を忘れないこと。


まーいまんところ、権威ある存在に影響されただけのおのぼりさんが適当吹かしてる以上の何物でもない、とも思いますが……


されどしかし、この二つの意識は大事にしたいところです。




あと、どーでもいいけど会場で独りで超寂しかったので模型仲間が欲しい。
ていうかプラモ仲間とか超欲しい。
相互にフィードバックとか行われる場に出て行くことはきっと大事なのだろうけれど、果たしていったいどうすりゃいいやら。
ああいう繋がりってどう構築されるんだろう。WFとかか。






| 模型・玩具 | 18:56 | comments(0) | trackbacks(0) |
鍵の選びし六体を版元に捧げよ
なんか巷じゃコミケとかあったらしいですね。
うみねこの新作はちょっと欲しかったけど、まぁ後回し。
そんな世間の流れはおろかオタ界隈の流れさえも関係なく、今日も元気にインドアライフです。
ていうか盆をゆっくり過ごす余裕もねえよ!まぁ色々と。
で、その忙しさの原因の一つ、ワンフェスの後始末。当日に用意できなかった完成品を早いトコ版
元様へ送らなけりゃならず、相方と分担して今日まで必死こいて作っておったわけデスヨ。


つーわけで

Pinky:st  うみねこのなく頃に

これにて完成。


原案は相方だけど結局六〜七割くらい自分が作るコトになったんで、まぁこれくらいは。



どうでしょコレ。



ちなみに顔は相方が、それ以外全部は自分が塗ってます。


完成したら即座に版元に送ってしまうので、名残とばかりに写真など撮りましたとさ。

塗装が荒いとかもう知らない聞こえなーい。
マスキングミスとかはみ出しとかは貴方の猜疑心が作り出す幻想です。愛をもって視てください。




夏妃夏妃夏妃
右代宮夏妃。設定上一番ババァのはずなのになんかすごい童顔に。いいぞ。
やはりなっぴーは素直ないいババァです。主に配色が塗りやすくて助かる。




絵羽
絵羽
絵羽

右代宮絵羽。エババァ。
シンプルな割りにボディの塗りが超めどい。


ベアト
ベアト
ベアト

ベアトリーチェ。通称ブレザーベアト。
顔は普通のといやらしい笑いのコンパチ式。
何気にコイツのニーソックスが一番塗り分けきつかった。










とかく辛い戦いではありました。
ピンキーとはいえ素人制作で抜きも甘く気泡もてんこ盛りないっぱしのガレージキットです。
一体作るにも当然切り出し・表面処理・軸打ち・サフ・塗装・クリアコート……といった通常のガレキと同様の工程を全て経なければならんわけですよ。





それを何体作ればいいと思う?






相方「お前はこの三体の完成品を仕上げればいいと思ってンだよなぁ?
    あああがっかり愕然唖然呆然全然駄目だぜぇぇぇぇ?
    ピンキーの版権申請先は一つじゃねぇんだよぉぉぉぉぉっ!
    妾が赤字にて宣言しよう――」






必要な完成品は三体ではなく六体である!






なっ!?
なんだとぉぉぉぉぉ!?
話が違うじゃねえかよ! 否定できない、認めるしか……ねえのかよぉぉぉぉっ!


そして第九の晩に魔女は蘇り、ゆきみ大福は黄金郷へと召されましたとさ。めでたしめでたし。







魔女幻想っつーかシンナー吸いすぎて幻覚が見えてますね。ごめんなさい。
それほどにしちめんどくさい作業だったの。ガレキ六体同時制作。






作ったけどな。






ま、何はともあれ完成にこぎつけることが出来て感無量です。
なんだかんだ、原型から携わった模型なので達成感もひとしお。
プラモやガレキとか、既製品をただ組み上げるのとは別次元の満足感はあります。自己満足でしかありませんが。
親の贔屓目ですが、そこまで酷いものにはならなかったような気がしないでもないので良しとします。


ひとまず、これまでの工程が形となって区切りがついたということで。
惜しむらくはこの完成品は自分の手元にゃ残らないことでしょうか。

そのうちまた量産して自分用のを確保しリベンジしてくれよう。






さて、次は何を作ろう。
| 模型・玩具 | 01:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
レッツアッセンボゥ
友人とアキバハラに行ったり。
なんか某SDガンダムフルカラーの作者とか某ガンダムバインドの作者とか、SDガシャ関連の業界人とやたら親しい友人が羨ましくて死にそう。

やっぱ行動力ある人は違います。自分の武器が何か、それで何ができるか、どうやったらそれをできるか、を考えて実行して結果出してるのだから恐れ入る。

自分はなんか作ったらそこで満足しちゃうから良くないのだな。っつーか、何であれ創作やってる人間には自作をぷろでゅーすする能力も必要なのだなぁ、とか思ったり。
見てもらうためにどうすればいいのか、あんま考えてないのはこのサイト見りゃ一目瞭然ね。

ま、なんか面白いアイディアも頂いたので、近いうち変な駄文でも作ろうかと思います。


んーで、海洋堂行ってアッセンブルボーグ買ってきた。

ジャークノイド・イーグ
ジャークノイド・イーグさん。
巨乳ヘッドがステキ。クリア成形のボディはPCのディスプレイ背景で撮ると透けていい感じ。

敵役三体の中で一番売れなさそうなゲテモノ系の顔立ちに惹かれて買いました。
嘘です。今買うとオマケでジャークノイド三体のアッセンブルパーツどれか一つプレゼント、とのことでこの子を買いました。
本当はいかにも内藤デザインなザインが欲しかった…
ジャークノイド・イーグ
いやしかしこのリッカー頭巨乳ヘッド、慣れてくるといかにもゲテモノゲテモノしていて素敵です。
レウコクロリディウムみたいで可愛いよね。

ジャークノイド・イーグ
っつーわけでMr.アッセンブルと対決してもらいました。超逆光。
敵役が来たことでようやくウチでもブーンドドゥできる。

っても、アッセンブルボーグの肝である組み替えにはまだ圧倒的にパーツが足らんのでドゥームダイバーの発売が待たれますな。


どうでもいいけど海洋堂はいつになったらリボルテックトライガンを出すんだろう。
| 模型・玩具 | 01:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
ワンフェス告知
もう正直ディーラーのページ作る余裕がないので、取り急ぎこちらでワンフェス参加告知を致します。あ、初参加です。

ディーラー名:めりーうるふ

卓番:B06-13




めりーうるふ



尚、カタログ記載のPinky:st コンスタンス・マギー
は版権許諾が降りなかったため販売・展示が出来なくなってしまいました。申し訳ありません。



よってワンダーフェスティバル販売物品は

Pinky:st
☆ベアトリーチェ(ブレザーVer.)
☆右代宮絵羽
☆右代宮夏妃

の三体となります。



初参加であり大したアイテムもありませんが、興味のある方は立ち寄って頂けると嬉しく思います。






というか、夏妃さんはなんだかんだそこそこ手間かけたので一つくらいは売れて欲しい……売れるといいなぁ……

| 模型・玩具 | 02:25 | comments(0) | trackbacks(0) |
お姉ちゃんに抜いて欲しい。キャストを。
今日はいまだ原型制作が終わらず目が死んでる相方を横目に夏妃さんの複製作業を行いましたとさ。

おゆまる複製とかではない、シリコンとレジンキャストを用いた複製は初めてなので結構苦戦中。


さっさとノウハウ固定したいので制作メモなど。


夏妃
複製セット一式。
マニュアル本で必要なものはおおむね揃えられましたが、シリコンとキャストの必要量だけは経験則とケースバイケースなので如何ともし難い。

結局、夏妃Pinky一体でシリコン1kg缶使い切ってしまいました。
またキャストもテストショットだけで一缶使い切りそうな勢い。

これらは早めに数を手に入れておいたほうが良さげです。特にイベント直前の品切れが怖い。


で。複製作業開始。
まずは粘土埋め、各パーツをバラして粘土の台に埋め込み、そこにシリコンを流すことで型の片面を作るます。



夏妃
粘土埋めして囲いを取り付けた状態。

とりあえずこんな感じで作ってみる。
他のパーツは無理なく抜ける形状なんですが、髪パーツは難物です。
抜き方に悩んだ挙句、逆テーパー覚悟でまず試してみることに。

この際、粘土表面はできるだけ均一にすべき。精度が悪いと複製時にバリが出る。


で、この上からシリコンを注ぎます。



シリコンを流し込んだ状態。
硬化時間は12時間とあったが、7〜8時間程度でも強度は十分。っぽい。


シリコンが固まったら、裏返して土台の粘土を取り除きます。
夏妃

したら、今度はこれに離型剤を塗布して同じくシリコン流し込み。




で、出来た型から原型パーツを取り出したもの。

したら、キャストの流れる経路をナイフで切り欠いて型の完成です。


型の作成そのものは割かし簡単です。両面ぶんの硬化時間がだいぶかかりますが。

で、型を合わせてクランプしてキャスト注入。



ここで問題発生。キャストの硬化スピードをなめてました。
型の湯流れが悪かったのと相まって、型全体にキャストが行き渡る前に硬化が始まり半分以上がカップの中で固まってしまいましたとさ。



固まってしまったキャスト。非常にもったいない。右はクランプした型。



で、出来上がったテストショットその一。


半分もキャストが流れてませんね。
敗因はキャストを悠長に混ぜてたことと、ランナーが細すぎてキャストが行き渡るのが遅かったことか。

容積の大きいパーツにはそれだけ大きなランナーが必要になるようです。

そこでランナーを増やし、かつ太く。
今度は手早くキャストを混ぜ、一気に注入。

そうして出来上がったテストショット2。


……だいぶ改善されました。容積の大きなパーツにも十分キャストが行き渡っています。
懸案だった髪パーツも何とか抜けました。

ただ、これでも右側の腕パーツ上部に欠けが。

どうやら、これは湯だまりとパーツを同じ高さに配置してしまったことが原因のようです。
湯だまりの高さにパーツが近づけば近づくほど圧力が小さくなるわけで、それだけキャストは流れにくくなると。
シリコンをケチって湯だまりを低くしてしまったのが敗因です。
つまり型設計の段階でケチがついていたわけですな。


今日の教訓。湯だまりはパーツより高い位置に作る。


ただ、左側の前髪パーツは先端まで綺麗に抜けているので型を作り直しするほどではなさそう。何とか改善作を考えねば。
てか作り直しめどい。


とりあえず今日はここまで。



しっかし、複製してるといかにもガレージキット作ってるーな感じがしてなんとも心躍るね。
| 模型・玩具 | 01:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
造型に王道なし
 スカルピーとプリモ

ホットプレートを買ってきた。 これでホットケーキとか鍋とか焼肉とかお好み焼きとか縦横無尽に焼き尽くせるぜ!

 んなわきゃねぇ
 
これ、粘土を焼くためのものです。 ふたば模型裏でホットプレートは焼成にいいと聞き早速買ってきた次第。実は何回か調理用のオーブンレンジで作ってたりするんだけど、なんかスカルピーは焦がすとダイオキシン出るそうで。
 

……一度でも焦がしていたら死んでいた。みんなも気をつけよう!死ぬぞ!


まぁそういうわけで、粘度焼成用に一台買ってきちゃった。手前のが造型材のプリモとスカルピーね。
うふふ。道具とマテリアル揃えるのちょう楽しい。



ワンフェスに参加しようかーってことで、メカものだけではなくフィギュアにもちと手を出してみようかと思ったんですよね。ってーか、ほぼ確実に市販が望めない連中の立体物を作りたい欲求がPinkyだけで収まらなくなってきちゃったのさ。

で、ちと各種素材の個人的覚え書きをばメモしとく



・ファンド
 石粉粘土。乾燥によって硬化。造型時の水分調整がめんどく、細かいディテールの造型には向かず。
 お値段お手ごろ設備投資必要なしってのは魅力なのだけど、ちと造型時のハンドリングに難あり。 
 硬化後は硬く、粒子も細かくて削りやすいから削りメインの人はいいかもしんない。白熱灯とかあれば一気に乾燥させられるし。

 
・エポパテ
 プラモの改造で馴染み深いこいつ。個人的には手にくっつくんで、細かいモールディングに関してはしづらい印象。
 あと、はっきりいって硬化時間の調整がめどい。今から二十分で造型して一時間後にモールド入れて〜ってのを計算しなきゃならんので、気軽に使えない点は自分としては大きなマイナスです。
 ただ、ホットプレートで熱すると硬化を促進させられるようなので今後は改善できるやも。

・スーパースカルピー
 いわずと知れた万能造型素材。上記二種と違って焼かない限り納得いくまでいじっていられるのが素敵です。
あと、ハンドリング性能抜群。素直な手ざわりでベタつかず溶けず、思うまま形を作れます。
ただし、硬化後はモロい。ちょっと油断するともげる折れる。

・プリモ
 スカルピーの高級品。らしいが性質は結構違う。まず、スカルピーよりも硬くて練るのに力が要ります。素材に粘りがあるため硬化後に非常に削りづらい。が、そのぶんスカルピーよりは頑丈なようです。ネックは値段ですが、いまんとこコイツが一番お気に入り。


とりあえず最近試した素材のなかではプリモが手に馴染みます。

自分はどちらかというと削って形を出していく「削り派」で今までやってきたため、硬化前に可能な限り形を出さなければならない「盛り派」の作業はなかなか難しい。
というか、プリモ・スカルピーは削りでやってくには厳しい素材ですね。

んが、やはり手もあまり汚れず硬化時間を気にする必要もないスカルピー・プリモの「手軽さ」は自分的に大いに評価したいです。
外出前にちょちょっといじったりできるし、途中セーブ感覚で焼きを入れて硬化させられるし。


興味があっちこっち行ってなかなか完成しない、計画性のない自分にはこれが合ってる気がします。
エクシアとかもうずっと放置だし!


ゼロから原型を作るという作業には特に、素材と技法において一長一短と向き不向きがあるなぁと思う今日この頃。

石粉粘土で何でも作る海洋堂とか、スカルピーだけでほぼ全て原型作っちゃう浅井さんとか。他にもポリパテ削り出しとかエポパテ半硬化時で全てを決する人とか。インダストリアルクレイとかマジックスカルプとか。

調べてみたら本当に、原型制作には様々な手法がありますな。

月並みですが、試してみて自分の手に合ったものを選ぶしかないんでしょうね。
| 模型・玩具 | 21:07 | comments(0) | trackbacks(0) |



ゆきみ大福の最近読んだ本

■SELECTED ENTRIES
■CATEGORIES
■ARCHIVES
■RECENT COMMENTS
■RECENT TRACKBACK
■MOBILE
qrcode
■SPONSORED LINKS
■OTHERS
<<new | 1 / 1pages | old>>