是が非でも理が非でも否が応でも

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
うみねこEP5おわし
うみねこEP5クリア。



感想:なっぴー知的強姦ショー推理もあるよ!


ええもうなんというか……なっぴー不憫すぎる……でも可憐すぎる……

夏妃叔母さんは貞淑にして純潔だ!

その通りだ!でも何いってんのこの甥。


しかし本当になっぴー可愛いな。コンプレックスにまみれつつも矜持をもって強くあろうとする女性キャラは良いものです。微妙に妄想壁あるのもGOOD。
でもやっぱ一番良いのは新婚旅行。

ひー!
とか
いやいや止めて止めて〜あなた〜!
とか!なんだこの!なんだ!なんだなんだ!





あとドラノール・A・が以外と可愛くて困る。十戒の擬人化ってことで気合入ってるなぁというか良キャラに仕上げられてるなぁというか。

顔が猫っぽくて可愛い。動きがロボっぽくて可愛い。
……猫型ロボ? ああドラちゃんってそういう

ついでに赤鍵青鍵の設定に中二マインドをくすぐられる。
戦人とのバトルシーンもラノベ的ケレンが溢れてて大好きです。あれは是非ともアニメで見てみたいところデス。


 ΦωΦ デスデスー




古戸エリカ?


灰色の脳細胞(笑)
知的強姦者(爆)
真実の魔女(核爆)
金蔵共犯説(自爆)





まぁとりあえず一周通読しただけなんで考察もクソもありませんが、てきとーに感想などメモっときます。


EP5のテーマは「意味と結果」の関係性な感じなのでしょうか。

EP5の物語は全体として、ひとつの結果に対して解釈の仕方はいくらでもあるってことが強調されていたように思えます。幻想大法廷とかまんま解釈同士のぶつかり合いによる真実確定の過程でしたし。
このゲーム盤上の世界においては、最も説得力のある解釈が真実として確定されるようです。

で、その解釈によって、なっぴーはプライドも心の拠り所も名誉も何もかも奪われてしまうわけですが、その解釈の過程をして「愛がないゲーム」と評するのかなぁ、とか。

結果として、その愛のない解釈に戦人が抗弁することで、探偵=エリカによる偽りの真実を否定することになったわけで。

夫を愛してなかっただの金蔵をたぶらかしただの、あそこまで執拗になっぴーが「探偵」によって無惨に人格を否定される過程を描いたのは、説明さえつけばどんな解釈でもまかり通るっつうミステリーへのアンチテーゼな気はします。

まぁ戦人も露骨に言ってますしね。貴様ら好みの下劣な物語は許さないッ!!

うみねこのテーマの一つに、根本的に「誰かを疑うための物語」であるところのミステリーへのアンチテーゼがあるんじゃねーのーとか考えたりもします。

愛がなければ視えなかったり、信じることが魔法だったり。

……ただ、それだと魔法を否定する戦人の立場はテーマと真っ向から反しちゃいますが。
これに関しては、各EP単位で考えるよりは全EP通じて戦人の考えの変遷を見るべきでしょうか。なんか次回は立場が逆転して戦人がゲームマスターで魔女側になるみたいですし。

それに、現時点での自分のこの一義的な解釈がまんま正解ってことはなかろ。

疑うこと=悪ってのも自分で言ってていかにも硬直思考でつまんないテーマと思いますし。
疑うのはいい。が愛をもって疑え。って言いたいのかしら。愛、愛ってなんだ。


まだまだ、「うみねこのなく頃に」という物語全体を通してのテーマは謎のまま。
愛がなければ視えない、とは果たしてどういう意味か。
これが一番の謎ですよね、やっぱ。





そして、こうした謎の牽引力はエンターテイメント小説における強力な武器なのだなぁ、と思う。一言でいうと読者にページをめくらせる力ですな。この場合はクリックさせる力か。

謎、というのは何もミステリー的な密室だのアリバイだのトリックだのってものではなく、読者に「果たしてこれからどうなるんだろう」と思わせる全ての展開のこと。

面白さの基本は予想を裏切ること。読者に未知を提供することがエンタメの基本にして原点なのだな、と思います。


その点、うみねこって物語は凄ェなぁと思うのですよ。サウンドノベルって形式の臨場感とか、ミステリーをメタ的視点から見ること自体を物語の中に取り込んでることとか、一話完結の連作によって徐々に全体の構造が見えてくることとか、それを支える同人ノベルとしての売り方とか……独特というか、他に類を見ないものがありますよね。先例があるようでしたら自分の無知を恥じます。

いや、個別の要素要素は見慣れたものであっても、それらを組み合わせてここまでの未知を提示できる竜騎士07の頭ん中はどうなってんのか。

公務員って安定を捨てて、その頭と文章で自分はおろか家族まで食わせているなんてもう純粋に敬服します。

てーか、世の作家と呼ばれる人々皆に当てはまることではありますが、自分の創作物で自分はおろか自分の大事なものまで守っていけるなんて格好良すぎます。




あー、今の自分は他人は愚か自分自身さえ守れそうにないなぁ。何も出来ないー。格好悪ー。



| うみねこのなく頃に | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) |



ゆきみ大福の最近読んだ本

■SELECTED ENTRIES
■CATEGORIES
■ARCHIVES
■RECENT COMMENTS
■RECENT TRACKBACK
■MOBILE
qrcode
■SPONSORED LINKS
■OTHERS
<<new | 1 / 1pages | old>>