是が非でも理が非でも否が応でも

<< ワンフェス2010 冬 | main | うみねこEP5おわし >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
右代宮夏妃
なっぴー続き。


リアル頭身では初めてのフルスクラッチ。まだまだ暗中模索が続きますが、まぁとにかく手の赴くままにこねたり削ったり。

あわよくばこのまま全身作れるか…?とも思ったのですが、やはり今回は全身作れる余裕はなさそうで。
もともと粘土で顔作る練習作からスタートしてるため、顔できたら頭→頭できたら髪→髪できたら胸、な感じに行き当たりばったりで作ってます。

最初からポーズ想定して骨格作って、という一般的な工程を踏まえず、完成形を想定しないまま作っておるのですよ。

なのでどのあたりまで作ってやめるかのさじ加減が悩みどころ。とりあえずこのあたりで止めて胸像にするつもりで作ってはいるのですが。




とりあえず腹部より上の部分を一通りこねまわしてシワなど作り、エナメルシンナーで表面処理して一旦焼き上げました。
乳の形状やらシワの入れ方やらかなりいい加減で不安ですが一応こんなで。
首は一応分割。ダボとして金属球埋め込んでます。



現状こんな。
あとはサイドテールともみあげ?くっつけてスカーフブローチ作って適当な台座に乗せれば胸像としての体裁は整う気がします。


トレフェスにはとりあえずその状態で出すとして。


その後、この原型を流用して身体作るかどうかが迷いどころ。
所詮習作なんだしぱっぱと次に行くべきか、むしろ練習なのだから全身を作るべきか……


客観的に見て、全身作っても見るに耐える完成度に持っていけるかどうかがわからぬ。トレフェス出展して、もし多少なりとも売れるようなら全身作ってみるかしら。

んー悩む。ご意見募集中。誰も見てない
| 模型:右代宮夏妃 | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:36 | - | - |









http://daihukuyukimi.jugem.jp/trackback/143



ゆきみ大福の最近読んだ本

■SELECTED ENTRIES
■CATEGORIES
■ARCHIVES
■RECENT COMMENTS
■RECENT TRACKBACK
■MOBILE
qrcode
■SPONSORED LINKS
■OTHERS
<<new |  / pages | old>>