是が非でも理が非でも否が応でも

<< 努力してない人間ほどひねくれて愚痴っぽい | main | ワンフェス2010[夏]参加します >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
『沈黙は金』って言っていいのは雄弁の銀を持ってる奴だけ


本来ならあと一ヶ月くらい沈黙は金を貫いて自閉してグズグズ自意識に溺れてダレニモリカイサレナイカワイソウナアタシ!を演出するのにも飽きた頃にソレデモアタシガンバル!っつう脳内復活劇をデッチ上げて何食わぬ顔で戻ってくるつもりだったのですがー。

なんかここ二日、相方や創作友達など複数方向から集中豪雨的に現状に対するお叱り激励突き放し同情憐憫シカトその他諸々のリアクションを頂く機会に恵まれました。
あと一番最初の凹み原因に対しては片ついた。つけた。
でちょっとだけ社会性復活。イジけてるのって本当に本当に本当ーに心地良いけどなんかますます人生破綻気味じゃね感。


そういうわけでどういうわけだか。更新再開します。


……前回の日記から一週間しか経ってないね。わざわざ「当面の間は更新休止」とか宣言して舌の根も乾かぬうちにね。余計なこといわなきゃ何食わぬ顔で復帰できたのにね。先のこと考えてなかったんだね。なんか誘い受け狙いのナンチャッテ自殺志願者みたいで恥ずかしいね。

喉元過ぎたというか、喉元過ぎるとか以前に飲んでたそいつは案外と清涼甘美な自己陶酔だったのでしたーというか。「落ち込み苦悩する自分」ってのは所詮、自分自身に対するポジショントークでしかねー、みたいなー。でも意外と落ちてる最中は自分が落ちてるって気づかない。

結局いつも同じことの繰り返し。当たり前のことに何度も気づくだけなんだ、と何度も気づくだけなんだ。自分が自分でいるために? 気持ち悪い。


好き放題落ち込むだけ落ち込んでカタルシスってちょっとだけ前向きに、っていう定例パターン。成長してねぇ。でもちょっとずつ学習してるって先生信じてる。極端にそれが遅いんじゃねーのという自覚というか危惧はある。


脳内にリセットボタンがあるでなし。こんなネットの片隅で吐くチンケな自分の言葉が薄ら寒ィからとて誰が困るわけでなし。お前のパンチ痛がるのお前だけだぞみたいなー。

この文章も含めて、書き連ねたモンなんざー所詮は言葉遊び。

そんな言葉遊びを重ねて得たものがあるとするならば、自分の言うこと書くことなんざ所詮すべからくたわ言に過ぎねーっつう確かな手応え。手応えの無さ? どちらでも、そうした実感は存外悪くないものだとも思いますよ。だって軽くてペラいと知れば不必要に重たいフリするのもアホらしくなるし。


まぁ結局こういう風にしかできんしそういう体で行くしか、という妥協点。





とか何とか言ってますが、だからっつって読んでくれている方を軽んじるつもりは決してありませんのです。
前回のコメントにてお題など頂きましたのでなんぞ書いてみます。


テーマは「恋について」。


……ちょお恥ずかしい。アテクシ恋愛について講釈垂れられるような百戦錬磨のラヴハンターのわけもなく、そう大した意見を述べれもしないのですが。

恋ってなんでしょうね。お付き合いの前段階、あくまで一方通行の恋愛感情のことでしょうか。
いいですよね恋。なんかもう世界も相手も自分もあばたもえくぼな感じで、期待と不安でキュンキュンし通しな感じ。

思うに恋ってのは自己愛の一種じゃないかと。

そりゃ対象は他人でしょうけれど、自分の中の期待と肯定バイアスを全力で加味した、自分の中の理想の相手像に焦がれているのだから幸せに決まってます。
相手がそれに気づいてくれないという満たされなさも、可能性を留保し続けていられるという点で甘美ですな。少なくとも相手のマイナス面を知って幻滅することも無く、決定的に否定されることも無く。
そういう自己完結性みたいな部分で得られる心地良さが恋の良さなんだと勝手に思います。
あんまり好きな言葉じゃありませんが、オタ用語で言うところの「萌え」ている状態に近いかもしれませんね。

一方通行の好意である限りそいつは一種の自己満足でしかないのでしょうけれど。でもその理想像に焦がれる恋ってのは、自分にとって最も心地良い段階なのではないかと。
その自己完結性に虚しさを感じないままでいられるのであれば、たぶんそれは幸せな状態なんじゃないですかね。

結局はそれ以上を求めずにはいられないんでしょうけどね。社会的動物ですし。あとはまぁ、我々が心身を分割できない以上は性欲だって立派な恋愛感情の一部でもあるのでしょうし。





どうでもいいけど身体性に左右されない恋愛の形ってありえたら素敵だな、とか妄想する。早いところサイボーグ技術が普及して外見や性差みたいなハード面が無意味な世界にならんもんかね。





そういうわけで自己完結性よりも社会性、他者性を優先しようと思ったらそいつが愛の始まりーですーよー。なんかたぶんきっとおそらく。

「傷つくことが恐くないなら好きあう真似事やってみるかい?」ってなもんです。Hey Youは名曲。

そこから先はもうエゴとエゴのぶつけ合い宇宙で、ATフィールドの削りあいです。
自分と相手のエゴの歯車を削りあって、譲れる部分と譲れない部分がうまいこと噛み合って。そうして過不足なく分かり合うことができたなら。もしかしたらなんか、自己完結の世界より遥かに素晴らしい何かが得られるのかも知れませんね。氾濫する「愛」って言葉の軽さ安っぽさ程には、その内実はそう容易くあって欲しくはないなぁ、という祈りにも似た希望願望。


ま自分はそこまで行ける気はしませんが。この宇宙のどっかにはあってもいいんじゃないの、そういうの。


自分の拙い経験から言うなら、こんな自己愛の塊のナチュラルボーンエゴイストの自己中ちゃんはエゴとエゴの削りあいには耐えられませんでしたしネー。
恋愛ムズカシネー。浪漫だけで魂が一つになれたらとても素敵だけど現実はそうはいかんのよネー。



まぁそれに加えて、無理して恋愛関係を堅持し顕示せずとも男女の友情だって当たり前に成立しますし。



だからあくまで個人的な願望であり意見ですが。
憧れているうちが華であって、恋を恋のまま留め置くことができたならそれが一番幸せなのかもしれません。
だって人がわかりあうためにはエゴの削りあい傷つけあい押し付け合いが不可欠だもの。その先にたどり着けるのなんてきっと極一部のニュータイプだけだもの。
少なくとも自分のような未熟で我侭で大人になれない阿呆にはそうとしか。


それでも、一方通行の恋のままで耐えられないほどにどうしようもなく欲しいと思える相手ともし出会えたのなら、自分の人生と時間と自意識を割いてそれでも報われないかもしれないリスクを抱えて、尚悔いの無い素晴らしい誰かに会えたなら。
あるいは、もしかしたらそいつは存外、素敵なことになるのかもしれませんね。




大体そんな感じでございます。
| - | 23:34 | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 23:34 | - | - |

前の日記にコメントした者です
ゆうきと申しますm(_ _)m

復活されて本当に嬉しいです

わざわざ恋について書いて頂いてありがとうございました
すごく感動したというか、感銘を受けたというか、、、
人間だから価値観が違うのは当然だと思いますが、やはり貴方の物事のとらえ方は他の人間とは良い意味で違う
圧倒的に現実的で尚且つ的を得ていて。
述べられてた通り一方的に想う期間が一番楽しいのかもしれませんね。
やはり付き合い出すと貴方の言う「エゴとエゴのぶつかり合い」というものはどうしても生じてしまいますね。
ちょっと恋愛についての世界観というか、観点みたいなものが変わりました。
視界がすっきりしたような。
どうもありがとうございました。
これからも更新楽しみにしています。
| ゆうき | 2010/07/15 6:59 PM |

>ゆうき さん

私事にかまけてネット断ち状態になっていました。今更レスするのもなんですが、コメントありがとうございます。
もしかしてそのお名前の上にはN野という苗字がついたりするのでしょうか?
とまれ、ああした考え方が現実的であるかどうかは個人的には非常に心もとないのですが、ただ実感ではあります。こんな駄文でも楽しんで頂けたなら幸いです。
| ゆきみ大福 | 2010/07/22 1:40 AM |










http://daihukuyukimi.jugem.jp/trackback/161



ゆきみ大福の最近読んだ本

■SELECTED ENTRIES
■CATEGORIES
■ARCHIVES
■RECENT COMMENTS
■RECENT TRACKBACK
■MOBILE
qrcode
■SPONSORED LINKS
■OTHERS
<<new |  / pages | old>>