是が非でも理が非でも否が応でも

<< 孟獲ガンダム | main | ワンフェス2011[冬]参加します >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
孟獲ガンダム
◆神が私の心をウンコ塗れにしようと躍起になってるのでささやかな抵抗として今日も今日とて模型いぢりだけは欠かさぬぇー。他の些事がどれだけ曖昧になっていこうがこれだけは続けるんだい。あと駄文書き。それこそ是が非でも。それ以外は是非もなし。


◆というわけで、ここのところあまり時間取れず、かつ途中寄り道しまくってたおかげで凄まじく完成が遅れましたが。孟獲さん完成。





もう既にさんざ時間かけてる以上今更急ぐこともあんめぇ、ということで自分の中では比較的じっくり塗装と仕上げを行うことができました。
いつもめんどくてちゃちゃっと手塗りしてしまう金ラインとかもきちんとマスキングしたしね。
最初に塗った赤の発色(写真上)が悪かったので塗りなおしたりとか。
こうしてきっちり仕上げてみると、今まではまぁ杜撰なことやってたもんだと実感します。


塗装レシピは以下のとおり。下地は白サフです。


白:ガンダムカラーホワイト(5)
赤:Mrカラーモンザレッド+ガンダムカラーレッド(1)
  が、発色がイメージと違ったのでその上からグラデーション気味にシャインレッド重ねてます。
青:フィニッシャーズスーパーファインコバルト
金:ガイアカラースターブライトゴールド
銀:ガイアカラースターブライトシルバー

他、羽・足の装飾はシルバー地にクリアグリーン、手は黒白混ぜたグレー、ゴッドフィンガーは白地にクリアオレンジとクリアレッド重ねてます。

仕上げはスーパークリアー半光沢。一部吹きすぎてしまい光沢気味ですが。
パーツで独立している金色部分のみ光沢。

胸の光玉はHアイズ+オーロラフィルム+キット付属シールの銀部分、の三重構造。
見えにくいですが肩アーマーにはラインストーンを貼ってます。

◆というわけで完成。まずは素の孟獲さん。







トサカは取説漫画準拠で白と赤の二種類を用意。何気にさらっと色が変わってて気づきにくいですが、意外と印象が変わります。













ナツミさぁぁぁん! 好きだぁぁぁぁ!…は人違い。

…とまぁ、こんな感じでだいぶ見栄を切れるようになったので工作の甲斐はあったかと。
個人的には羽基部の可動化とトサカの工作が効いてる気がします。「たなびき」というか、動きを演出するパーツがあるとSDでもハッタリ効かせられて素敵かも。

◆で、こっから追加ネタ。烈伝で結晶鳳凰が、三国伝で龍輝宝がブイブイいわせてんのに赤流火穏のカミサマは一体何しとんねん、という感じだったので。



作りました。鬼舞虎の像。赤流火穏の地に眠る獅子の魂、孟獲の身に宿るとき真なる阿修羅の王が目を覚ます。的な妄想。

◆阿修羅王 孟獲ガンダム







羽が全て重なるので、この状態だとノーマルモードっぽく見えなくもない。
一応、武鋭須砲も構えさせられます。ゴッドがF90のヴェスバー撃ったりするのもSD世界の良さですきっと。
三国伝の世界観として火器はどうかとも思いますが、金剛夜迦や剛金剛戦車の大砲なんかを見る限り、南蛮にも発掘兵器を整備して扱う程度の工学知識はあるだろうということで。



ハイパーモード!
阿修羅王のパーツと合わせてゴッドのフィールド発生器っぽく見れば見れる。



リア。鬼舞虎の像の下面にスタンド用の穴をあけてます。





リアヘビーなので立たせるときは基本武鋭須砲がつっかえ棒に。







妄想捏造必殺技ってことで、阿修羅神拳が最終奥義・業火光輪拳。
元の阿修羅王の業火光輪斬から名前パクってますが、孟獲さんなら斬じゃなく石破天驚拳だろうということで。



元ネタの阿修羅王さんと。
元ネタからして国政ほっぽって修行してるような脳筋ですから血筋は受け継がれてんじゃないかな、とか思ったり思わなかったり。その割には「心」がステ高めだったりしますが。
どうでもいいけどこの心技体パラメータ復活しないかなぁ。


◆fgの方にも投稿させて頂きました。自分の作品の中じゃ今のところ一番高評価を頂いてて割とビビってます。ブログの仕様じゃ写真が自動縮小されてしまうので、こっちのが写真大きめで見やすいかも。



◆まとめ



パーツ取りに使った素体孟獲さんと比較。手足の延長でだいぶプロポーションが変わっちゃってますが、ゴリラにならずギリギリカッチョええラインかな、と思います。アニメ版のプロポーションに近いか。

反省点は時間かけすぎたこと。もともと片手間仕事でやってたブツではありましたがいくらなんでも半年以上かけるのはやりすぎですね。もっと生産力上げないと、作りたいものに対して全然追いつけやしません。

加えて間接工作。動くようになったのは良いものの如何せん各部の強度に差があり(特に関節技と市販パーツをかなり無理やり組んでる脚部)ちょっと動かしててストレスたまります。

あとエッジ出しはきちんとプラセメントでガッチリ固めないと駄目ですね…実は塗装後に尖らせた部分がいくつか欠けて泣きを見てます。

とまれ、複製やらパテ細工やらオラ加工部分やら色々と試せもしましたし、現在の自分の力量に照らして恥じない程度には良く仕上がってくれたかな、と思います。反省点も多々ありますが、それなりにカッコ良いもの作れたし割と満足。

ということで、孟獲さん製作記、これにてひとまず終了と相成ります。お粗末様でした。




おまけ。獣面と鳥面。嫁さんに付けるつもりだったんですがそっちまで手が回らずまず孟獲だけ完成させましたとさ。
またそのうち嫁さんも作りたいと思います。他にも色々、脳内プランだけはあるにはあるんだ。
SD以外にも作りたいものがわんさかあるので近日中に、とはいかないかもしれませんがなんとか形にしていきます。

というわけでまたしても。

次回を待て! 



JUGEMテーマ:模型製作

| 模型:阿修羅王 孟獲ガンダム | 01:47 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 01:47 | - | - |









http://daihukuyukimi.jugem.jp/trackback/170



ゆきみ大福の最近読んだ本

■SELECTED ENTRIES
■CATEGORIES
■ARCHIVES
■RECENT COMMENTS
■RECENT TRACKBACK
■MOBILE
qrcode
■SPONSORED LINKS
■OTHERS
<<new |  / pages | old>>